お金 借りる

会社の歴史で比較

会社の歴史を確認することは大事なことです。

 

規模が小さい会社でも歴史の有る会社は、商品や製品が信頼できる会社が多いからです。

 

消費者金融会社に於いても歴史の有る会社は1960年前後に設立されていますから、既に40年〜50年の社歴を持っています。

 

その様な会社は消費者金融会社としても信頼が置ける会社と言え、アコムのような大手消費者金融会社と地方の中堅消費者金融会社がこれに当たります。

 

その様な会社の歴史は各社のホームページで確認することができます。

 

各社のホームページの会社情報を見ると、会社沿革というページが必ずあります。

 

会社沿革を見ると会社の設立から始まって、会社の主な経緯が書かれています。

 

従って、会社沿革で消費者金融各社の歴史を比較することができます。

 

設立間もない中小の消費者金融会社や社名の変更を繰り返している消費者金融会社には、その様な会社の歴史が有る筈はありません。

 

また、会社の住所さえハッキリしないヤミ金業者は会社の歴史どころか会社のホームページも無い訳ですから、見分けるのは簡単なことです。

 

つまり、多少の手間は掛かるかもしれませんが会社の歴史を確認することで、ヤミ金業者や行政指導を受けている業者とまともな業者を見分けることができるのです。

 

 

レディースローンで比較

消費者金融各社のレディースローンの特長は、女性のために金利が弱冠優遇されたカードローン商品としての差別化です。

 

女性顧客は男性顧客に比べて金利の違いに非常に敏感です。

 

そこで、通常のカードローン商品よりも1%〜2%の金利優遇をしたレディースローンで、女性顧客の獲得を狙っているのです。

 

また、金利優遇と併せてレディースローンの融資可能額を300万円まで設定している大手業者も出て来ました。

 

そして、金利や融資可能額の優遇とは別に、女性の来店客や新規にレディースローンを組んだ女性顧客にプレゼントを用意して男性顧客との差別化を行っています。

 

また、女性にお得な女性専用カードローンとして宣伝することで、女性が気持ちよく電話したり来店し抵抗無く申込ができる様な工夫を各社が行っています。どうしてもお金を借りたいときには女性専用のカードローンを検討するのが良いです。

 

例えば、女性専用フリーダイアルを設置して専門の女性オペレーターが対応したり、店舗のレディースローン窓口のスタッフを全員女性にしたりするなどの配慮を行っています。

 

そして、この様な大手消費者金融会社の対応とは別に、女性顧客だけを対象に女性専用カードローンだけに特化して営業している女性専門の消費者金融会社もあります。

 

今やカードローンを作る女性顧客にとっては、選択肢が多い時代となってきました。

業者ローンで比較

消費者金融会社の自営業者や個人事業主向けのローンは、大きく2つに分けられます。

 

1つは無担保の事業者ローンで、もう1つは不動産担保ローンなどの担保付ローンです。

 

一般の無担保カードローンの場合は資金使途は自由ですが、事業者ローンの資金使途は事業に使うことに限定されています。

 

従って、事業者ローンは貸金業法の総量規制の枠には入りませんから、従来のローンとは別枠で設定することができます。

 

消費者金融会社の無担保無保証の事業者向けローンは、基本的に個人向けの無担保カードローンと同じ仕組みで金利や融資限度額なども同じです。

 

また、不動産担保ローンは一部の銀行や大手信販や消費者金融会社で取り扱っていますが、不動産市況が低迷しているため不動産時価の50%程度が担保としての不動産評価額となる低い査定が続いています。

 

例えば、時価が3,000万円のマンションを担保にする場合は、マンションの評価額は1,500万円となり融資金額は1,500万円以内となる訳です。

 

つまり、金融業界では不動産の下落は当分続くと見ている様です。

 

只、担保の評価は非常に厳しいですが、不動産担保ローンの金利は非常に低い金利が適用されます。

 

担保をしっかり取っている為、不動産担保ローンの貸し倒れのリスクが比較的低いと考えられているからです。

 

 

 

おまとめローンで比較

消費者金融会社のおまとめローンに対する対応はマチマチです。

 

大手消費者金融会社の中には、おまとめローンを全く意識していない業者も多いのです。

 

その様な業者の融資限度額は500万円の業者も多いので、おまとめローンとしても使えますが問題は審査です。

 

元々、おまとめローンのニーズがある申込者は、数社に借入が有る多重債務者か多重債務者予備軍です。

 

従って、比較的、審査が厳しい銀行系列の大手消費者金融会社では、他社借入が多い申込者は審査をパスできないケースが増えています。

 

銀行系列の大手消費者金融会社では他社借入は3社までが限度で、4社以上の他社借入が有る申込者は審査をパスできない様です。

 

一方で、大手消費者金融会社の中にも、おまとめローンを積極的に案内している業者も目立ちます。

 

その様な業者では過去の返済履歴に問題が無ければ、他社借入が多くてもおまとめローンを認めている様です。

 

勿論、貸金業法の総量規制で借入できない場合は、その限りではありません。

 

従って、おまとめローンのニーズが有る申込者は消費者金融会社のホームページなどで、おまとめローンの各社の対応を比較してから申し込むと良いでしょう。

 

おまとめローン等のキャッシングに関する情報はコチラのサイトで詳しく紹介されていますので、参考にしてみてください。

 

今すぐお金を借りる【即日キャッシング・銀行カードローン】

 

そうすれば、門前払いされるケースも減る筈だからです。